なぜ1月は仮想通貨の空売りがおすすめなのか

仮想通貨は、時期によってはレートが下がりやすくなる事もあります。幸いにもこの通貨は、空売りで取引する事もできます。空売りであれば、たとえ通貨のレートが下がった時でも利益が発生するでしょう。ですから下がりやすい時期は、仮想通貨で稼ぎやすくなる訳です。

上昇した時に利益が生じる現物株などの商品

仮想通貨は、現物株とは少々異なる点があります。そもそも多くの方は、「価格が高くなってくれた時に利益が生じる」というイメージを描いています。
例えばある時には、株価は4,300円でした。今後その企業は伸びていくと予想したので、買い注文したとします。
この場合、確かに株価が4,500円や4,700円などに上昇してくれれば、利益が発生する訳です。しかし株価が下がった時は、もちろん損失になるでしょう。
多くの方々は、投資商品に関して上記の株のようなイメージを描いています。それだけに「上昇した時のみ利益が発生する」という発想に至る訳です。

簡単に空売りの取引を行える仮想通貨

しかし仮想通貨は、そうではありません。幸いにもこの通貨の場合は、簡単に空売りを仕掛けることができます。
実は、株でも一応は空売りする事もできます。株の場合、信用取引という口座さえ開設しておけば、簡単に売りから入れるようになっている訳です。しかし信用取引の口座は、ハードルは少々高いです。誰でも口座開設できる訳ではありません。審査は少々厳しいので、注意を要するでしょう。

仮想通貨のレートが下がりやすい1月

それで冒頭でも触れた通り、仮想通貨には下がりやすいシーズンもあります。という事は、そのシーズンに仮想通貨で取引をすれば、お金も稼ぎやすくなる訳です。
では具体的にどのシーズンなら通貨の価格が下がりやすくなるかというと、年明けなどはおすすめです。1月のシーズンは、仮想通貨の空売りには最適であると言われています。

なぜ1月は仮想通貨の価格は下がりやすくなるか

なぜ1月になるとレートが下がるか言うと、換金の需要があるからです。そもそも人によっては、仮想通貨でなく現金という形でお金を確保したいと考えています。仮想通貨もお金ではありますが、現金は少々異なる特性もありますから、現金化したくなる事もある訳です。
それで1月になると、特定の地域では現金化のニーズが生じやすくなります。仮想通貨という形でなく、あくまでも自国通貨を確保したいというニーズが生じて、換金されるケースも多々ある訳です。
換金されるなら、もちろん仮想通貨も売却される事になります。1月は特に売却されやすいので、空売りには最適であると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です