FXのロスカットを回避する方法とレバレッジ1倍

FXには、色々な取引手法があります。ローソク足に関するツールを活用する取引手法も多いです。人によっては、どの手法が一番良いか迷っている事もあります。ただ、どの手法で取引するにしても、レバレッジを意識すべきという声も多いです。

動かせるお金の大きさに関わるレバレッジ

FXのレバレッジは、動かせるお金の大きさに関わってきます。レバレッジは、倍数で表現されるのです。国内業者の場合、1倍から25倍というルールになります。その倍数が多ければ、大きなお金を動かせる状態になる訳です。
海外業者の場合は、そのレバレッジの数字はかなり高めになっています。実際ある海外業者の場合は、最大レバレッジは900倍近くになっています。900倍ともなると、かなり大きなお金を動かす事だけは間違いありません。

レバレッジ1倍を維持すればロスカットされない

ところでFXには、1つ確実な手法があります。レバレッジ1倍で取引する方法です。
レバレッジ1倍ということは、少なくともロスカットはありません。そもそもロスカットが発動されてしまうのは、たいていレバレッジが高い時です。上述の25倍や900倍などの数字になっていると、強制損切りが発動されてしまう訳です。
冒頭でも触れた通り、FXの取引手法は色々あります。中には非常に優秀な手法もあります。
ですが、どれだけ優秀な取引手法でも、ロスカットが発動されては意味がありません。強制損切りになってしまえば、明らかな損失になってしまうでしょう。
FXは、ロスカットを回避するのは非常に大切という声も多いです。どうすればロスカットを防げるかというと、レバレッジ1倍の取引なのです。レバレッジ1倍をずっと維持していれば、少なくとも強制損切りになってしまう事はありません。どのような取引手法でも、レバレッジ1倍さえ維持していれば、実質的には損失にならない訳です。長期的に取引を続けていれば、いずれは利益が発生するケースが多いです。

レバレッジ1倍でも稼げるのか

レバレッジ1倍と聞くと、あまり大きな利益が発生しないと思われている事も多いです。確かにレバレッジ900倍と比べれば、利益額は若干限定される傾向はあります。しかし900倍ともなると、リスクも大きくなってしまうでしょう。
そもそもレバレッジ1倍でも、十分な利益率にする事も可能です。取引のやり方を上手く工夫すれば、年利100%にする事もできます。
安全に運用する為にも、基本的にはレバレッジ1倍で取引してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です