なぜ仮想通貨の手数料は格安なのか

仮想通貨は、手数料に関するメリットがあります。手数料が比較的低めなので、他の投資手段でなくコインに投資している方も多いです。なぜ手数料が格安かというと、第三者機関を通さずに取引できるからです。

手数料が格安な仮想通貨

仮想通貨で取引する為には、もちろん手数料も支払う事にはなります。基本的には取引所に対してお金を支払い、売買していく事になる訳です。
手数料がかかるのは、株やFXも同じです。多くの方々は証券会社に手数料を支払って、取引を行っています。
仮想通貨の場合、その取引手数料はかなり低めになっている訳です。株などと比べると、かなり手数料は格安です。株で電話注文する時などは、数千円ほどの手数料がかかってしまう事もあります。仮想通貨で数千円徴収される事は、まずありません。
取引だけでなく、送金の手数料もかなり低めです。仮想通貨は、かなりスピーディーに送金する事ができますし、海外企業にコインを送っている方も少なくありません。
そして仮想通貨の場合は、送金する時の手数料もたいていゼロ円になります。銀行による海外送金などのサービスを活用しますと、やはり数千円ほどかかってしまうケースもありますが、仮想通貨はその手数料もかかりません。

第三者機関を経由しない仮想通貨

ところで仮想通貨の場合は、基本的には第三者機関などを経由せずに取引できます。取引所のサービスは利用するものの、間に別の業者が入ってくる事はありません。
株式投資などは、そうではありません。証券会社だけでなく、別の業者が間に入っている事も多々ありますから、手数料がやや高めになってしまう商品も多いです。ですが仮想通貨は第三者機関もありませんから、手数料も低くすることができます。

中間マージンが無いので手数料を格安にできる

ちなみに第三者といえば、業者の中間マージンもあります。そもそも業者は、自社の仕事を外部の会社に依頼している事があります。自社だけでは手が回らないので、協力会社に依頼している企業も少なくありません。
しかし協力会社のサービスを活用するなら、もちろん中間マージンが発生してしまいます。どこから中間マージンの費用を捻出するかというと、消費者の手数料なのです。ですから証券会社や銀行などのサービスは、手数料は若干高めになる傾向があります。
しかし仮想通貨の場合は、第三者が間に入ってくる事はありません。中間マージンも発生しませんから、手数料も低く抑えられる訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です